感情の乱れが如実になってきたらそれが浮気のサイン

179

浮気というものは往々にしてパートナーにバレれてしまうものです。自分なら絶対バレないという強気な意識を有しておられる方も恐らくは少なくないのでしょうが、人間の心理やそれに影響された行動というものはなかなか意識的に抑制したりコントロール出来たりするものではありません。

たとえば、浮気のサインのひとつとしてよく挙げられるものに、「夫(ないし妻)が急にやさしくなった」というものがありますよね。これもいわば、行動をコントロール出来ていないがゆえに取ってしまう不自然な挙動なのです。何も心にやましいことが無いのであれば、態度はいつも通りなはずです。そうではないからこそ、バレないようにとパートナーに対して急にやさし気な振る舞いをしてしまうわけです。

一方で、疑問に思ったことやその日の行動を把握すべくパートナーに対して質問しようとすると、突として「お前は伴侶のことを信じていないのか」などと気分を害し、逆に一方的に怒り出すというパターンもよく見られます。これも実は浮気のサインです。やさしくなるのと同様に、隠さなければならないことのために挙動のコントロールが出来なくなってしまう典型です。

こうなってしまうとある意味手が付けられません。真実を知ろうとすると怒り出し、関係はますます険悪になっていきます。どれたけ本心ではパートナーのことを信用したいと思っていても、こういう高圧的な態度が続くようになると、その真心もやがて崩壊してしまいます。

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

そのような結末を迎えないためにも、普段から浮気のための対策をしておく必要があるでしょう。たとえば男性の場合、得てして心ではなく身体目当てで他の女性に接近し、浮気を行うと言われがちですが、実際のところそうとは断言出来ません。心が満たされなくなった時、他の女性の母性を求めて浮気に走ることも多々あるのです。男性がそういった寂しさを感じないように、日頃から広い心を以て、それこそ母親のように接してあげることが浮気防止における一番の対策と言えます。

常日頃からの心がけが大切です!他にも、体験談から参考になる「浮気のサイン」

「感情の乱れが如実になってきたらそれが浮気のサイン」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です